HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

  •  

木と共に成長する家

水田に囲まれて建つ、白い三角屋根の家。
玄関の扉を開くと、枝葉を大きく広げたアオダモの木に迎えられる。

3階まで吹き抜けになった家の中心に高さ7.5mのアオダモを植え、木の周りを囲むように居室や階段、廊下を配した。
屋根にはトップライトを設け、光や雨をシンボルツリーに届ける。
木がのびのびと育ち、子供たちと共に成長していけるような暮らしを目指した。

1階にはシンボルツリーの周囲に玄関土間やキッチン、ダイニング、家族で使う図書室を配置。
2階には寝室と水回り、3階には子供室やアトリエを設けた。
家のどこにいても木を眺めることができ、廊下や階段も心地良い居場所になっている。

家の周囲を水田に囲まれているため、窓を開け放てば気持ちの良い風が通り抜ける。
吹き込む風がアオダモの枝葉を揺らし抜ける様子が清々しい。

木と風と光、自然と共に暮らす家が完成した。

1階中央に植えたシンボルツリー

1階中央に植えたシンボルツリー

住まいの中心にあるのは、シンボルツリーのアオダモ。

土をそのまま見せ、コンクリートタイルで囲った。

アオダモを囲むように居室を配置。

正面の居室は家族のライブラリーが。

右手の玄関土間から一段上がったところにダイニングがある。

1階居室をガラス戸で仕切る

1階居室をガラス戸で仕切る

1階はRC造、2階以上は木造となっている。

1階の各居室はガラス戸で仕切って個室化することもできる。

引き戸を開放すれば、内と外が一体化。

1階図書室

1階図書室

家族の本を収納した、‟みんなの図書室”。

吹き抜け

吹き抜け

3階建ての家の天井まで伸びるアオダモは高さ約7.5m。

空間に余白を多く設け、木がのびのびと成長できる家となっている。

1階ダイニング

1階ダイニング

キッチンと連続したダイニング。
正方形の窓が、田園の風景を切り取る。

2階廊下

2階廊下

アオダモの枝が広がり、渡り廊下をアーチのように覆う。

2階図書室

2階図書室

2階の壁を利用して、第2の図書室に。
廊下で木を眺めながら本を読んだり、家のどこでも心地の良い居場所になる。

2階ハンモック広場

2階ハンモック広場

2階東側の居室にはハンモックがあり、木を見上げながら寛ぐ。

東の大きな窓からは朝日が入る。

2階と3階を繋ぐ階段

2階と3階を繋ぐ階段

木を囲む吹き抜けの空間ではどこに居ても家族の気配を感じ、住まい全体に一体感がある。

光と水を木に届けるため、トップライトは常に開放している。

光と緑で溢れ、時に雨まで降る住まいは、まるで屋外のよう。

3階アトリエ

3階アトリエ

小屋のようなアトリエ。

バスルーム

バスルーム

バスルームは2階南側に配置。

フレームレスな窓から、のどかな田園の景色を望む。

玄関

玄関

真っ白の外壁に、木のナチュラルな扉が映える。

外観

外観

田んぼの中に凛として建つ。

  •  

ユーザー

一級建築士事務所ヨネダ設計舎
三重県 建築家

投稿記事カテゴリ
部屋カテゴリ

おすすめの投稿記事

  • リビングダイニングから階段を見る

    建坪14坪の敷地に広がる伸びやかな空間

  • リビング

    子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家

  • 外観

    ba boxes

  • テラス

    3世代6人が暮す、緑に囲まれた家

  • Cafe Franz Kafka

    奈良町の町家をリノベーションしたブックカフェ

日本最大級のタイル通販 TileLife