HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



投稿記事

PickUp !

木造住宅の自由性を生かしたリノベーション

木造住宅の自由性を生かしたリノベーション

都心に建つ築30年の中古住宅をリノベーションした、建築家の自邸。
既存の建物は小ぶりな木造2階建てで、南側には小さな庭があった。

仕事場にもなる書斎や、さらに同居する母のためのスペースを確保しようとすると、家のボリュームが大きくなる事が考えられる。
近隣には民家が建ち並んでおり、隣家に圧迫感を与えないよう、ボリュームを抑えつつも広がりのある住まいを目指した。

そこで、柱や梁を切ったり繋いだりと自由に改築できるという木造住宅の特長を活かしたプランに。
既存の家の屋根から外壁までを、まるでりんごの皮を剥くように一部分切り取り、南側に細長い2階建ての棟を新設。
既存部の北側は2階建てのまま残し、南側は基礎から屋根裏まで吹き抜けの「室内庭」にした。
外から見ると、3つの小さな棟が並んでいるように見える。

3つの空間の間はガラスのスリットでつなぎ、光や視線が通るように。
室内庭は光や風を住まいにもたらすとともに、南側新設部にある母のスペースとの緩衝エリアとなっている。

家を‟切り離す”という木造住宅ならではのプランで、周囲の家並みに合わせつつ、住み手のライフスタイルに合った住まいが完成。
空間を小さく分けることによって、かえって広がりのある空間が実現した。

もっと見る >

miCo. 東京都   建築家

シンプルナチュラルなマンションリノベーション

シンプルなリビング空間

若いご家族のためのマンションリノベーション。建主様は新居を探すにあたり、利便性や資金面、コンパクトに生活できさえすれば良いとの割り切った考え方から、戸建や新築マンションではなく都市部のコンパクトな中古マンションを購入してリノベーションを行うことになりました。一般的に中古マンションは流通上の効果を期待して必要以上に部屋を細分化し、室数を水増しする傾向があります。今回のマンションも3LDKと記載されているもののLDKはダイニングテーブルを置くのが精いっぱいで生活の中心となるスペースが無い状態でした。限られた予算とスペースの中で充分な生活空間を確保するため、天井や不要な間仕切りを取り払って大きなLDKをつくり、必要最小限のキッチンと多目的な可動棚のみを合板で製作しました。部屋の中央にはマレンコが一脚。肌触りの良い無垢フローリングの上で半椅子座・半床座の気取らない生活を送ることができます。

もっと見る >

素材感溢れるこだわりのダイニングが家族を繋ぐ

ダイニングキッチン

築19年の中古マンションを”自分たちらしい空間”にしたいとの思いでリノベーション。 ご夫婦ともに、料理をするのも食べるのも、お酒を飲むのも好きだという建て主。 キッチン&ダイニングを暮らしの中心として考え、特に思い入れのある場所となっている。 床、天井ともにナラ材を使い、木の温もりに包まれた空間の中、建て主がずっと憧れていたというコンクリート製のキッチンが存在感を示している。 家族3人で立っても広々と使えるキッチンで、子供が大きくなったら家族みんなで料理やパン作りをするのが夢なのだそう。 家族で食事をしているときや夫婦で晩酌しているときに、満たされた気持ちになるという建て主。 「昼間は別の場所に居る家族が集まり、つながる場所が家なんだと実感している」と話す。 ”食”にこだわった居心地の良い住まいで、家族3人で幸せな毎日を送っている。

もっと見る >

株式会社アネストワン 愛知県   リフォーム・リノベーション

かっこよく朽ちる家

キッチン・ダイニング

マンションのリノベーション。 「廃墟とか古いビルとか、かっこ良く朽ちてる建物が好き」 というお施主様の希望を受け、漆喰や素地の鉄、むき出しのコンクリートなど、時とともに味がでる素材を使った無骨な住まいへ。 スパイスやツールが全部オープンに収納された業務用キッチンは、「片付けが苦手なので、よく使うものは全部だしっぱなしにしておきたい」というラフなライフスタイルを引き立てます。

もっと見る >

エイトデザイン株式会社 愛知県   リフォーム・リノベーション

古い集合住宅の持ち味を生かしたリノベーション

アトリエコーナーを設けた開放的なリビング

ご主人が住み慣れた古い集合住宅をリフォーム。 真新しいモダンな印象に変えるのではなく、 古い建物ならではの味わいを生かすようにリノベーションした。 床には無垢のナラ材やタイル、壁には漆喰を施し、ナチュラルで柔らかい雰囲気に。 建具など細部にもこだわり、 居心地の良いカフェのような空間が完成した。

もっと見る >

株式会社アネストワン 愛知県   リフォーム・リノベーション

縁取った開口部から入る光が満ちる閑かな佇まい

閑かな家

若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様からLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは全て塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。

もっと見る >

におの浜のマンション完成見学会

猫と家具好きの家

完成見学会のお知らせ 12月10日(土)~12月23日(金) 10時~17時 の期間中、完全予約制ですが、見学会を行います。 弊社、ホームページよりメールが電話よりご予約ください。

もっと見る >

細部にこだわったヴィンテージの家

リビングから東側の眺め

築18年、13階建ての12階部分に位置する中古マンションの1室をリノベーション。 インテリア好きな施主夫妻のための住まいを計画。 ビンテージ家具や古民具など、夫妻こだわりのインテリアと調和する部屋を目指した。 壁や天井はコンクリートの現しを基本とし、設置する家具の色合いや部屋の明るさによって塗装を調整。 配管は敢えてむき出しにすることでインダストリアルな雰囲気を出した。 南北にバルコニーがある風抜けの良さを生かし、LDKは縦に長く配置。 両サイドから通風と採光が得られ、高層階ならではの景色を見渡すことができる。 リビングとダイニングの間にオープンキッチンを置くことで、開放感がありながら区分けされた空間としている。 夫妻の一番のこだわりは、リビングと洗面室を繋ぐ格子窓。 木枠の窓越しにリビングから見える洗面室をつくるのが夢だったという。 生活導線上にオープンに配置することで、見た目だけでなく機能的な間取りとなった。 ガラスで仕切っているため空間を広く見せる効果も。 コンクリートやステンレスの無機質感。 そこに有機的な木の温かみを組み合わせて、インテリアが自然と馴染む空間が生まれる。 古さの中にも新しさを感じられる住まいが完成した。

もっと見る >

エイトデザイン株式会社 愛知県   リフォーム・リノベーション

経年変化の感じられるリノベーション

既存コンクリート現しの天井

築40年のビル一棟をフルリノベーションし、アジア人留学生向けサービスアパートメントへとリニューアルする計画。 経年変化の感じられるコンクリートの構造体は現し、そのなかに温かみのある光、素地の木材をそえることで再生させた。 窓のある採光面は光沢のあるファブリックで覆い、背面は左官仕上げとしている。 差し込む陽射しはその狭間で光が乱反射することでオーロラのような重層的な光のスクリーンがあらわれる。 ファブリックで覆われた照明光は自然光のような柔らかな光をもたらす。 天井あらわしの際、露出した設備配管が張り巡らされるが、その配管の扱い方を考えた。既存躯体の梁スリーブに着目し、 配線ルートを検証し、設備用モールを取り付けることで設備配管を構造体の梁のような表現として扱っている。 天井を走る配線モール上から家具のレイアウトに応じて照明光を配置した。 設備配管は構造体の梁のように見立てた表現とすることで、天井面を統一感の感じられる仕上げとなるよう意図した。

もっと見る >

家の中を風が通り抜けるマンションリノベーション

吹き流しの家

大阪市中心部。南北両面に大きな窓のある高層マンションのリノベーション。LDKと寝室、将来は子供部屋となる書斎・プレイルームを直列に並べ、南から北へと空気の通りみちを確保することで、窓を開ければ爽やかな風が家の中を通り抜けます。都心のマンションでも、敷地条件を生かすことで自然の機微を感じる住まいになりました。

もっと見る >

”経年美化”を楽しむ、時と共に魅力が増す家

ダイニイグ

一軒家への執着も、ピカピカの新築への憧れもなかったという建て主。 自然と、中古マンションを自分たちらしい家に変えようという発想になり、リノベーションすることに。 住んでいくうちに味わいが増し、経年劣化ではなく”経年美化”していく家を目指した。 漆喰や無垢のナラ材の床など、経年による変化が楽しみな自然素材をふんだんに使用。 ドアノブや取っ手、スイッチプレートなどにも真鍮やアイアンなど、汚れや傷も味わいになるような素材を選び、細部まで”経年美化”にこだわった。 シンプルでナチュラルな空間の中に、素材の持つ風合いが生きている。 使い続けることで素材の美しさが磨かれていく、時が経つのを楽しめる住まいとなった。

もっと見る >

株式会社アネストワン 愛知県   リフォーム・リノベーション