HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

HouseNoteへのご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

返信の必要なお問い合わせはこちら

道家洋建築設計事務所

この企業に問い合わせ

住所:
愛知県 名古屋市東区筒井3丁目15-16マツダビル2F
会社URL:
http://www.doukehiroshi.com/
ブログ:
http://ameblo.jp/loteks
FAX:
052-930-2858

道家 洋

愛知県

建築家

電話:052-930-2857

名古屋を中心に活動する設計事務所です。お施主様の意向に沿いつつ、常にそこを超える「期待以上」を目指しております。出来上がるのが楽しみになる、使いたくなる建物・空間を作ります。

草屋根で省エネ 自然に親しむナチュラルな家

リビングからテラスを見る

慣れ親しんだ地域に、南西角地という好条件の、約32坪の土地を得た建て主。
建て主の要望は、風通しが良く、木をふんだんに使ったナチュラルな空間、そして省エネの家。

中庭から採光するのもひとつの要望だったが敷地の広さを考えると難しいため、南西に開いた立地を生かして、南側に向かって大きく開くプランを選択。
LDKは日当たりの良い2階に配し、南側の大開口から光と風をおおいに取り込む。
7.5mの大開口は引き戸を片側に引き込みフルオープンすることができ、バルコニーとリビングが一体化。
内と外との境界が曖昧な、開放的な空間となった。

バルコニーにある階段をさらに上れば、まるで野原のようなルーフガーデンが広がる。
緩やかな勾配のある屋根に芝生やハーブなどの草を植え、草屋根に。
屋根に上ってピクニックをしたり、夜には星空を眺めたりして、日常の中の非日常を愉しむ場所となっている。

草屋根は建物の断熱性、遮熱性を高め、省エネにも貢献。
夏場でも室内は涼しく、エアコンいらずなのだそう。

室内の仕上げにはカバ無垢材など明るい色味の木を多用し、ナチュラルで軽やかな空間が完成。
自然と親しむナチュラル志向な住まいで、快適な暮らしを送っている。

もっと見る >

  • テラス
  • 和室
  • モダン
  • ウッドデッキ
  • ナチュラル
  • 省エネ
  • 土間
  • ルーフガーデン
  • 半地下
  • 草屋根