HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

  •  

木造住宅の自由性を生かしたリノベーション

都心に建つ築30年の中古住宅をリノベーションした、建築家の自邸。
既存の建物は小ぶりな木造2階建てで、南側には小さな庭があった。

仕事場にもなる書斎や、さらに同居する母のためのスペースを確保しようとすると、家のボリュームが大きくなる事が考えられる。
近隣には民家が建ち並んでおり、隣家に圧迫感を与えないよう、ボリュームを抑えつつも広がりのある住まいを目指した。

そこで、柱や梁を切ったり繋いだりと自由に改築できるという木造住宅の特長を活かしたプランに。
既存の家の屋根から外壁までを、まるでりんごの皮を剥くように一部分切り取り、南側に細長い2階建ての棟を新設。
既存部の北側は2階建てのまま残し、南側は基礎から屋根裏まで吹き抜けの「室内庭」にした。
外から見ると、3つの小さな棟が並んでいるように見える。

3つの空間の間はガラスのスリットでつなぎ、光や視線が通るように。
室内庭は光や風を住まいにもたらすとともに、南側新設部にある母のスペースとの緩衝エリアとなっている。

家を‟切り離す”という木造住宅ならではのプランで、周囲の家並みに合わせつつ、住み手のライフスタイルに合った住まいが完成。
空間を小さく分けることによって、かえって広がりのある空間が実現した。

東側外観

東側外観

小さな棟が3つ並んでいるように見える。
既存の建物の一部を切り取り、南側に新しく建物を新設。
既存部の北側はそのまま2階建てに、南側は床も天井も取り払って大きな吹き抜けの「室内庭」とした。

外観

外観

3つの棟のうち真ん中の棟が室内庭。

東側の大きな窓や天窓から光や風が入る。

リビングからダイニングを見る

リビングからダイニングを見る

既存部の1階はリビング、室内庭を挟んで南側の新設部は母の寝室となっている。

リビング

リビング

室内庭との間はガラスのスリットでつなぎ、光や視線が通る清々しい空間となった。
外の緑が適度に目に入り、面積以上の広がりを感じる。

天井は、天井板をはがして構造を白くペイント。
床には大判のシラカバ合板を張った。

室内庭

室内庭

住まいの中心に設けた室内庭。

家の中に居ながら、外のように感じる。

「居室」ではなく「外」としてつくっているため夏は暑く冬は寒いので、カーテンで仕切るなどして対策。

春や夏はとても居心地の良い場所になる。

キッチン

キッチン

室内庭の壁側にキッチンがある。

外で料理をしているかのような、不思議な空間。

室内庭

室内庭

光が注ぐ室内庭では緑がよく育つ。

室内庭見上げ

室内庭見上げ

トップライトから光が差し込む。
床も屋根も取り払って基礎と屋根裏をむき出しに。
外部と同じ扱いの空間なので、断熱なども施していない。

室内庭から新設部を見る

室内庭から新設部を見る

リビングと母の寝室の間に室内庭があるため、庭が緩衝エリアになり程よい距離感で繋がっている。

母の寝室の2階は書斎。

階段がないので、はしごで出入りする。

室内庭見下ろし

室内庭見下ろし

高さ約6mのダイナミックな空間。

書斎

書斎

母の寝室の上にある書斎。
こもるような場所でありながら、住まい全体を見渡すことができる。
ピクチャーウィンドウからの眺めも美しい。

2階寝室

2階寝室

リビングの上にあるベッドルーム。
窓の位置は既存のままで、ピクチャーウィンドウに造り替えた。

  •  

ユーザー

miCo.
東京都 建築家

投稿記事カテゴリ
部屋カテゴリ

このユーザーの投稿記事

  • フリースペースから南側を見る

    境界線の変化が開放感を生み出した家

おすすめの投稿記事

  • 1階のホールからリビングを見る。

    実家をリノベして、思い出を住み継ぐ。

  • 外観

    公園の緑に包まれた開放感溢れる家

  • 2階LDK

    築80年の古屋を明るいリゾート空間にリノベ

  • リビング

    子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家

  • 南側外観

    木々に包まれ自然を感じる高床式の家

日本最大級のタイル通販 TileLife