HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

倉敷の古くて新しい和モダン住宅

倉敷の古くて新しい和モダン住宅

高梁川の東側にあたるこのエリアは、豊かな水に恵まれ昔から水田が拡がり、焼杉に漆喰壁の農家住宅が点在していました。近年幹線道路が整備され、市中心部へのアクセスが便利になったことにより、急速に住宅が立ち並ぶようになりました。この敷地は南北に住宅が迫っていますが、西側の土手方向には大きく拡がりがあり、この拡がりを住宅に取り入れることを端緒に設計を進めました。黒の下屋部分には水廻りを集め、また白の2層部分には各居室を集め、中央の吹抜け空間を介して南北明快に分けています。延床約28坪程度とやや小さめの住宅ですが、中央に大きな吹抜け空間を作ったり、各部屋をあまり間仕切らずに開放的な作りとすることで、28坪とは思えない程の拡がりを感じれるようにしています。外観はこのエリアに昔から佇む焼杉に漆喰壁の住宅の外観を踏襲し、歴史の延長線上に位置するデザインとしています。

もっと見る >

「南郷の家」完成見学会のお知らせ

「南郷の家」完成見学会のお知らせ

「南郷の家」完成見学会 新型コロナウイルス感染対策を十分行った上、完全予約制にて開催致します。 日時:6月19日㈯20日㈰ 9時~18時(一般の方、優先) 場所:滋賀県大津市南郷 基本的には、1時間に1組の予約制です。 ご興味ある方は下記より、ご予約・詳細お問合せ下さい。 詳細場所をお伝え致します。 なお、年内の完成見学会は12月までございません。 弊社にご興味ある方は、今回の機会をお見逃しなく。 HEARTH ARCHITECTS/ハース建築設計事務所 Tel: 0748-60-7410 HP: http://hearth-a.com

もっと見る >

HEARTH ARCHITECTS 滋賀県   建築家

近江八幡市「魚屋の家」完成見学会のお知らせ

魚屋の家

この度、オーナー様のご厚意で「魚屋の家」の完成見学会を行います。 新型コロナウイルス感染対策を十分行った上、完全予約制にて開催致します。 日時:1月23日㈯24日㈰ 9時~17時(一般の方、優先) 場所:滋賀県近江八幡市魚屋町 基本的には、1時間に1組の予約制です。 ご興味ある方は下記より、ご予約・詳細お問合せ下さい。 詳細場所をお伝え致します。 HEARTH ARCHITECTS/ハース建築設計事務所 Tel: 0748-60-7410 HP: http://hearth-a.com

もっと見る >

HEARTH ARCHITECTS 滋賀県   建築家

雄大な風景を取り込んだ、海辺の別荘

エントランスへ向かう通路

南房総の、緩やかなカーブを描く浜辺に佇むウィークエンドハウス。 多角形を折り重ねたようなインパクトある外観が目を惹く。 南にはおおらかな海が広がり、背後には山がそびえる。 自然豊かなロケーションを最大限に生かした空間を目指した。 複雑に見える外観だが、建築の配置はシンプルで機能的。 北側の住宅ポーチから南側の母屋のエントランスまで結ぶ通路を配した。 南北に延びる通路を軸に、東にはゲストハウスを、西には中庭を、通路の突き当り、南側に母屋を配置。 タイル敷きの中庭は水盤にもなり、山と海を繋ぐ象徴のような存在となっている。 母屋は、周囲の自然を贅沢に取り込んだ空間。 三角形を基本に部材を集合させた「立体トラス構造」を採用しており、箱型ではなく、壁や柱のないトンネル状に。 構造材を現したことで、アーチに包まれるような空間となった。 南北両面に向かって六角形の大開口が開き、南側は海を、北側は山の景色を切り取っている。 海と山の風景を同等に取り込み、雄大な自然が空間の一部となっている。 豊かな環境を最大限に生かし、自然美をおおいに取り込んだ住まいが完成した。

もっと見る >

長岡京の家完成見学会

長岡京の家完成見学会

5月20日~25日の5日限定で 完全予約制の完成見学会を開催します。 . . 今回の建物は、狭小地でのプロジェクトです。 狭い敷地ながら、敷地いっぱいに計画し 空間も少しでも広く見えるようにと計画させていただきました。 階段ホールに作った余剰空間がどのように見えるのか・・・・ 皆様の目でご確認ください。 .

もっと見る >

閉じつつ開く「ヤドカリの殻」に包まれた家

外観

狭い道路に面し、隣家との距離も近い密集地に建つ家。 そんな条件のなか、プライバシ―を確保しつつも開放的でシームレスな空間が求められた。 外部からの視線を遮りながらも内部は開けた空間にするため、居室の箱をガルバリウム鋼板で包みこむプランを採用。 まるで”ヤドカリの殻”のような壁に守られた家となった。 内部空間は、最大8.7mもある天井まで吹き抜けたダイナミックな空間。 屋根付近に設けたガラス窓からは南からの光が、ダイニングのスリット部分からは西日が入り、ガルバリウムの殻に覆われていても1日を通して日の光を取り込む。 1階には多目的に使える土間スペースからダイニングと独立型のキッチンが続き、2階にはライブラリーと寝室、バルコニーがある。 さらにその上には緑の屋上庭園が広がる。 屋上庭園は屋根の照り返しを防ぐ効果があり、屋根と天井面の温度上昇を軽減。 さらに屋根には太陽光発電を設置し、年間でおよそ3000kw発電することができる。 自然エネルギーを味方につけ、よりエコで快適な暮らしを実現。 殻に包まれた家で、心地良い生活を送っている。

もっと見る >

雁行型の3つの箱が実現する伸びやかな暮らし

ガーデン

焼きスギで覆われた大きさの異なる3つの箱が、雁行型*に並んだ家。 それぞれの箱に「エントランス」「LDK」「個室」を割り当て、西側の庭に向かった最も眺めの良い位置に、住まいの中心となるリビングと和室のコーナーがくるように配置。 リビングと和室は、柱のないL字型の大開口で外とつながり、抜群の眺望と開放感を得ることができた。 また、この配置は山脈から海へ流れる強風「やまじ風」への対策ともなっている。 室内はトップライト、ハイサイドから光を取り込み、陰影に富んだ奥行きのある表情に。 床には自然の表情を生かしたトラバーチン、天井と壁にはポーターズペイントを採用。 シャープな印象の外観とは対照的に、優しい印象となっている。 開放感溢れる心地良い住まいで、日々の暮らしを楽しんでいる。 *雁行型:マンション等で各住戸を斜めにずらして建てる形式のこと。建物を上から見ると、雁が並んで飛んでいるように見えることからこの名がついた。各住戸に開口部が多くとれ、採光や通風、眺望がよくなるメリットがある。

もっと見る >

西海岸を意識したヴィンテージ&リゾート空間

外観

周囲の自然と調和しながら、独特の存在感を放つ家。 軒を見せながら緩やかに曲線を描く屋根、無垢の木や石など、異なる素材を組み合わせ、細部にまで 装飾がなされた外観が目を惹く。 ヴィンテージコレクションやアートに造詣が深い施主は「今までにない、進化したデザイン」を希望。 ミッドセンチュリー時代のアメリカ西海岸の建築デザインをベースに、アールデコ調デザインやオリエンタルな要素もプラス。 ディティールにこだわり遊び心を効かせた、オリジナリティ溢れる住まいとなった。 リゾート感ある居心地の良いこの家には、人がよく集まるのだそう。 こだわりが詰まった住まいで、笑顔溢れる楽しい日々を送っている。

もっと見る >

シンプルモダンな箱の中に広がる小学校の教室 ?

外観

白い箱を重ね合わせたような、極めてシンプルな佇まいの家。 外観はモダンなミュージアムのようだが、中に入ると一転、温かく優しい空気が広がる。 内部のコンセプトは”小学校の教室”。 学校の教室や理科室をイメージし、どこか懐かしい感じのする空間を目指した。 壁や扉、洗面台などの淡いブルーが柔らかなアクセントとなっており、レトロな空間の中にモダンな印象もプラスしている。 洗練された外観と、レトロな懐かしい印象の内装とのギャップが印象的な、オリジナリティ溢れる家が完成した。

もっと見る >

NYのロフト・アパートのような、趣ある住まい

ダイニング

アメリカのロフト・アパルトメントを思わせる、3階建ての家。 レンガ調のタイルに映えるグリーンの窓枠や扉、窓辺の花台が風情をいっそう高めている。 内部はオールドスタイルとモダンがうまく調和した、独自の味わいを持った空間が広がる。 2階のLDKはワンルームの開放的な空間で、トップライトや多く設けられた窓からたっぷりと光が入る。 3階の居室は屋根の傾斜を利用し、屋根裏部屋のようなイメージに。 色使いにもこだわり、建て主がセレクトしたヴィンテージ感ある家具が随所にしっくりと溶け込んでいる。 洋書から飛び出してきたかのような、趣ある住まいが完成した。

もっと見る >

坂のある街、コンクリート打ち放しの家

高台の家 外観

30代のクライアントは、はたと困ったそうだ。「私達は何処に住みたいの?」。 様々な敷地を見て、ようやく坂のある街が好きだと気付いたという。台風の多い沖縄は、RCの住宅も多い。学生時代を沖縄で過ごした夫は、RC打ち放しのマンションで暮らした。光が壁に当たる様をみて、その美しさを知ったそうだ。この2つのが、この計画の両輪となっている。 敷地は昭和47年に開発された南向きの山腹にある。開発の際は切土盛土を繰り返すのが一般的だが、最上部に近い為か全てが非常に硬い岩盤だった。東には3~4mの段差があり、特に南東の景色が素晴らしかった。 1階は各個室と水回り、そしてダイニング・キッチンのみとした。2階はプライバシーを確保するため、出来るだけ北側に寄せ、北は閉じている。1階のキューブに対して1.2m北にずれ、庇を1.2m跳ね出し、その下に駐車場を確保した。 南東の景色を望むなら、限界まで東へも寄りたい。東の擁壁には荷重を掛けず、階段部分を宙に浮かすことを考えた。街の傾斜にそって、コンクリートキューブを北に、東にずらし、慎重に積み上げたのだ。 2階には、用途を限定しない空間がある。P室と名付けられたが、ここにはテレビを置かない。その存在感に支配されない為である。柔らかな日差しの下で本を読んだり、雨だれを眺めながら音楽を聞いたりする空間だ。 バルコニーにでれば、コンクリート壁に穿たれた開口から素晴らしい眺望を得ることができ、更に、外からの視線を気にせず、自然を感じることが出来る。また、深い庇は、夏の直射を防ぎ、冬の陽光は遮らないよう設計されている。言わばコンクリートの縁側。 庇の作り出す中間領域が豊かな内部空間を生む。これは日本古来からの手法である。西隣にある視聴覚室は、映画を観たりする部屋で、東にはピアノ室。常に用途が明確になっているのだ。

もっと見る >