HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

農具小屋を改装したスタジオのような家

農具小屋を改装したスタジオのような家

農具小屋として使われていた建物をリノベーションした住まい。

2階に配したワンルームのLDKは40畳もの広さがある。
だだっ広いLDKを取り囲む壁や床、天井を白で統一。
光が白い壁に反射する、まるでスタジオのような空間になった。
実際、お子様や料理の写真がきれいに撮れるのだそう。

ご夫婦揃って料理好きだという建て主。
広いLDKには6mの長さのキッチンカウンターを据えた。
壁側にはコンロと作業スペースが一体化したカウンターを、その手前にはシンクと調理スペース、ダイニングテーブルが一体化したカウンターを配置。
ダイニングの部分のみ床レベルを低くしたことで、お子様も一緒に料理しやすい。
一緒に料理し、食事をする、家族が集まる住まいの中枢のような場所となっている。

また、LDKの一部に寝室や水回りを集約した箱を配置。
真っ白なLDKに対し、個室の壁はカラフルにして変化をつけた。
個室がある箱の上はロフトにして有効活用し、オープンな子供部屋に。
いつでも家族の気配を感じられ、安心感がある。

家族の日常を写し出す、美しいスタジオのような住まいが完成した。

もっと見る >

テラスから自然を取り入れた、清々しい住まい

2階LDK

都心にある、敷地面積約25坪の家。 住宅密集地にあるため、外からの視線を遮りプライバシーを確保しつつも、いかに外部環境を取り込むかをポイントに設計した。 そこで、敷地を最大限に使って3階建ての縦長な造りに。 北東部分には縦の”抜け”を作り、2階、3階に設けたテラスを介して室内に光や風を取り込めるようにした。 2階のテラスはLDKとフラットに続いており、引き戸をフルオープンすればテラスまでもがリビングの一部のように。 さらに3階のテラスの床はグレーチング(鉄鋼を格子状に組んだ溝蓋)となっていて、階下にあるLDKに光と風を届けている。 都心の住宅密集地とは思えない、心地良い開放感を味わうことができる住まいとなった。

もっと見る >

シルバーエイジのための“つかず離れず”の家

玄関ホール

リタイア後の夫婦のための住まい。 敷地面積約30坪、建蔽率40%容積率80%と厳しい条件のなか、シルバーエイジの夫婦が程よい距離感を保って暮せる家を目指した。 そこで、地下1階地上2階の3層構造にし、夫婦それぞれの生活スペースを確保。 高齢者用の住まいということを考慮してホームエレベーターを完備した。 エントランスと水回りを集約した1階をはさんで、地下はご主人の居場所、2階は主に奥様の居場所に。 地下はご主人の書斎兼寝室。 2階はLDKとし、リビングと一体化するように奥様の寝室を配した。 奥様は自宅で生け花を教えており、2階のリビング・ダイニングは生け花教室にもなる。 パーソナルスペースは完全に分離したものの、お互いの様子はうかがえるように工夫。 1階玄関ホールの床はグレーチングにし、地下へ光や風を送る。 さらに2階の床の一部をガラス張りにして、視線の抜けをつくった。 住まい全体に一体感が生まれ、自分のペースを保ちつつも、互いの気配はいつでも感じることができる。 ‟つかず離れず”の関係が心地良い、快適なシルバーライフを実現する住まいが完成した。

もっと見る >

住宅密集地で「広い家」を実現した二世帯住宅

MS-House リビングダイニング+テラス

住宅密集地に建つ二世帯住宅...。 MS-House のストーリー...。

もっと見る >