HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



投稿記事

PickUp !

スキップフロアで家族の居場所がつながる家

スキップフロアで家族の居場所がつながる家

学生時代からサーフィンで湘南に通い続けているという建て主。
愛着があり、子育てにも適した湘南エリアに約24坪の土地を得て、新居を建てることになった。
敷地は東西に細長く、南東には隣家越しに山の緑も見える。
家族の気配を感じられる空間や、プライバシーを守りつつも外へと視線が広がる住まいが求められた。

そこで、半階ずつ床レベルを変えたスキップフロアの家を提案。
地下の玄関から書斎、リビング、ダイニング、子供室の順にフロアと階段をL字型に連続させた。
床の高さだけではなくフロアの方向にも変化をつけながら螺旋状につなげていくことで多くの居場所が生まれ、面積以上の広がりを感じられる。

フロアをつなぐ階段は腰かけて寛ぐベンチにも、カウンターにも、子どもたちの遊び場にもなるひとつの居場所。
広場や街路を繋ぐようにしてできたひとまとまりの空間は、まるで街のようだ。

多様な居場所を持った、伸びやかな住まいが完成した。

もっと見る >

無骨さと繊細さが調和したミックススタイルの家

リビング

ブロカントを意識した温かく繊細な雰囲気と、無骨で男っぽいインダストリアルテイストがうまく調和したミックススタイルの家。 使い込まれたような風合いのあるどこかジャンクな空間に、建て主が家造りに当たって集めてきたというボタニカル・レースのアイアンフェンスやジェルデのランプなど、フランスの古くて良質な道具が溶け込む。 黒のアイアンやモルタル使いで色味を抑えた無骨な”辛さ”と、随所にちりばめたフレンチアンティークの”甘さ”両方がバランスを保って空間を作っている。 玄関とリビング部分のふたつの吹き抜けが繋がっており、家の中が緩やかに連続する一体空間に。 家のどこにいても家族の気配を感じることができる、居心地の良い住まいとなった。

もっと見る >

インダストリアルな空間で紡ぐ家族時間

ダイニング

家の中心に設けたセンターコートが各居室に光と開放感をもたらす一軒家。 無骨で飾り気のない工業的なデザインで統一された、インダストリアルテイストの空間が広がる。 スチールやアイアン、モルタルなど硬質感のある素材使いで、渋くカッコいい雰囲気に。 甘さを抑えつつ、どこかジャンクな味わいもある住まいとなった。 建て主のライフスタイルを反映させた間取りも魅力。 一体空間のLDKが流行している中、あえてリビングとダイニングを離し、食事をする場所と寛ぐ場所を分けたダイニング・スタイルとなっている。 クールで無骨な空間の中で、温かい家族の時間を愉しんでいる。

もっと見る >

飾りっ気のない無骨な空間で営む穏やかな暮らし

ダイニング1

”自然と関わりながら暮らす”という理想のライフスタイルを実現する、広い庭を持つ一軒家。 木の素朴な風合いが醸し出す温かい雰囲気の中、工業的なデザインやアイアンやスチールなどの無骨な質感を取り入れた、ラスティックな空間となっている。 まるでカフェのようなダイニングや薪ストーブがあるリビングは高い吹き抜けとなっており、家族揃って過ごすのにぴったりの開放的で居心地の良い場所。 理想通りの住まいになり、家で過ごす時間が長くなったと話す建て主。 これからは庭づくりが楽しみなのだそう。 自分たちらしいこだわりの家で、日々の暮らしを楽しんでいる。

もっと見る >

お寿司屋さんを改装した、外国のガレージのような家

玄関ホール

地下1F地上3F建ての元店舗付き住宅を、半分が遊びのためのおうちに全面リノベーション 地下はスチールサッシの窓がある、渋い工場のようなガレージ。 1Fは広い土間のあるフリールーム。将来はここでお店もできる大空間。 2Fは家族みんなでのびのび過ごせるスペース。古材のアクセントウォールと業務用キッチンがラフで男前な雰囲気です。 3Fは寝室と子供室。優しい色のドアが印象的なプライベートな空間。 どことなく外国のガレージのような雰囲気の漂う、ヴィンテージで遊び心ある住まいです。

もっと見る >

エイトデザイン株式会社 愛知県   リフォーム・リノベーション

味わい深い、インダストリアル&ナチュラルな家

ダイニング&キッチン

男っぽいインダストリアルテイストと、優しいナチュラルテイストが共存した家。 シックなダイニング・キッチンには業務用のようなステンレス製のキッチンを設け、厨房のような雰囲気に。 吹き抜けのトップライトからは自然光が優しく降り注ぎ、明るく広がりのある空間となった。 ダイニングの無骨な印象とは変わって、リビングなど他の居室は素材感のあるナチュラルな印象。 随所に、建て主自らが買い付けたアンティークの家具や扉などが取り入れられ、温かさを与えている。 無機質になりがちなインダストリアルインテリアの中にも、アンティークの素朴な味わいが効いた、独自の味を持った住まいとなった。

もっと見る >

細部にこだわったヴィンテージの家

リビングから東側の眺め

築18年、13階建ての12階部分に位置する中古マンションの1室をリノベーション。 インテリア好きな施主夫妻のための住まいを計画。 ビンテージ家具や古民具など、夫妻こだわりのインテリアと調和する部屋を目指した。 壁や天井はコンクリートの現しを基本とし、設置する家具の色合いや部屋の明るさによって塗装を調整。 配管は敢えてむき出しにすることでインダストリアルな雰囲気を出した。 南北にバルコニーがある風抜けの良さを生かし、LDKは縦に長く配置。 両サイドから通風と採光が得られ、高層階ならではの景色を見渡すことができる。 リビングとダイニングの間にオープンキッチンを置くことで、開放感がありながら区分けされた空間としている。 夫妻の一番のこだわりは、リビングと洗面室を繋ぐ格子窓。 木枠の窓越しにリビングから見える洗面室をつくるのが夢だったという。 生活導線上にオープンに配置することで、見た目だけでなく機能的な間取りとなった。 ガラスで仕切っているため空間を広く見せる効果も。 コンクリートやステンレスの無機質感。 そこに有機的な木の温かみを組み合わせて、インテリアが自然と馴染む空間が生まれる。 古さの中にも新しさを感じられる住まいが完成した。

もっと見る >

エイトデザイン株式会社 愛知県   リフォーム・リノベーション

レトロとモダンが同居するリノベーションの家

玄関からダイニングを眺める

建て主の奥さまが幼少時を過ごした築43年の3階建てをリノベーション。 玄関を入ると、鉄骨のデッキプレートを剥き出しにした赤い天井が目に飛び込む。 その奥には、カラフルなタイルがアクセントのキッチンと、ガラス貼りの広いバスルームを配置。 2階はモノトーンのインテリアとシックな壁色にまとめた、ご夫妻の落ち着いた空間。 3階は子どもたちのスペース。白い壁や天井に、床は既存の木をそのまま使用した温かみのある場所になった。 1、2階が重量鉄骨、3階が木造というユニークな構造の家をそのまま生かし、各フロアを異なったテイストで楽しめるようにデザイン。 思い出の詰まった家を、外観はそのままに家族の形と思いに合わせたリノベーションで一新。 これからもその時々に合わせて変化し、受け継がれていくことだろう。

もっと見る >

FieldGarage Inc. 東京都   リフォーム・リノベーション