HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



投稿記事

PickUp !

築80年の古屋を明るいリゾート空間にリノベ

築80年の古屋を明るいリゾート空間にリノベ

古くからの住宅街に溶け込むように建つ家。
共働きだった建て主ご夫婦は、奥様の退職を機に築80年の家をリフォームすることを決意。
緑を眺めながらゆったりと過ごせる、明るく風通しの良い家を目指した。

以前はこの家でご主人のお父様が歯科医院を開業しており、診療所だった部分は鉄骨造、住居だった部分は木造になっている。
80年の間に行われた場当たり的なリフォームによって間取りは細切れになっており、日中でも暗かった。

そこで、狭く暗かった空間を、明るい大空間へと全面リノベーション。
1階に個室や水回りを集約し、2階には南に大きく開いた明るく開放的なLDKを配した。
雨漏りをしていた木造部分の屋根を高くし、リビングは天井高3.6mのダイナミックな空間となった。

鉄骨と木造の間に生じていた床のレベル差を生かしてスキップフロアに。
リビングの隣には奥様のアトリエを設け、スキップで緩やかにつながっている。

LDKから空へと続くように置かれた階段を上ると、そこは空中庭園。
ウッドデッキを張った屋上テラスに、鉢植えが並んでいる。
ルーフテラスとリビングは大きなハイサイドライトで繋がっており、リビングに居ながらテラスの緑と空の景色を眺めることができる。

ホールのように開放的なリビングで空や緑、光を感じながら過ごしていると、まるでリゾートホテルに居るかのよう。
第二の人生を心地良く過ごせる、新しい住まいが完成した。

もっと見る >

無骨さと繊細さが調和したミックススタイルの家

リビング

ブロカントを意識した温かく繊細な雰囲気と、無骨で男っぽいインダストリアルテイストがうまく調和したミックススタイルの家。 使い込まれたような風合いのあるどこかジャンクな空間に、建て主が家造りに当たって集めてきたというボタニカル・レースのアイアンフェンスやジェルデのランプなど、フランスの古くて良質な道具が溶け込む。 黒のアイアンやモルタル使いで色味を抑えた無骨な”辛さ”と、随所にちりばめたフレンチアンティークの”甘さ”両方がバランスを保って空間を作っている。 玄関とリビング部分のふたつの吹き抜けが繋がっており、家の中が緩やかに連続する一体空間に。 家のどこにいても家族の気配を感じることができる、居心地の良い住まいとなった。

もっと見る >