HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

2つの庭で街と繋がる、“ひだまり”の家

2つの庭で街と繋がる、“ひだまり”の家

四方を隣家に囲まれた旗竿状の敷地に建つ家。
さらに南側にはアパートの開放廊下があり、プライバシーの確保が必要となる。
建て主の希望は「ひだまりに包まれるような居心地の良い家」。
プライバシーを守りつつもいかに光と風を住まいに取り入れるかが課題となった。

そこで、敷地の南側に細長い庭をつくり、その庭を囲むようにL字型に建物を配置。
南の庭は住まいに光や風、緑といった自然をもたらすとともに、隣家との距離を保つ緩衝スペースとなっている。

主空間であるLDKは2階に配置。
斜めの天井に導かれるように南光が差し込み、冬でも昼間は暖房いらず。
建て主の要望通り、光に満ちた居心地の良いリビングが実現した。

さらに、北側の路地部分にももう一つの庭を配し、2階のサービスバルコニーから見下ろせるように。
南側にのみ開いて北側に背を向けるのではなく、南北両面に開くことで街と、社会と繋がる住宅にした。

1階に設けた奥様のためのピアノルームでは、将来音楽教室を開くことも計画しているのだそう。
「ゆくゆくは、近所の人が集まるような場所に育てていきたい」と話す奥様。
旗竿地にありながら、街と繋がり光で満たされた、ひだまりのような住まいが完成した。

もっと見る >

全居室から中庭を望む”ドーナツ型”の家

ガーデン

住宅地に建つ、箱のような家。 シンプルな外観だが、中に入ると思いがけない空間が広がる。 60坪の敷地の中央には中庭が設けられ、その庭をぐるりと囲むように各居室を”ロの字型”に配置。 真ん中が空洞になったドーナツのような形の平屋となっている。 外部からの視線を気にすることなく中庭から光や風を十分に取り込むことができ、プライバシーを確保しつつも開放感を味わうことができる。 行き止まりのないドーナツ型の家は生活導線のスムーズさも魅力。 玄関から客間ともなる和室を介してLDKへ、そしてバスルームから寝室へと、生活リズムに則った部屋の配置となっている。

もっと見る >