HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

豊かな空間をやわらかく包む三角屋根の家

豊かな空間をやわらかく包む三角屋根の家

住宅街でひときわ目を引く三角形の屋根。
よく見るとそれぞれの辺の長さが異なり、不規則な形になっていることに気づく。
実は3Dモデリングの技術を使って計算されつくした、機能的な形状。
ふたり暮らしに十分、かつ豊かな暮らしをデザインした家が完成した。

子どもたちが独立した後、ふたりで過ごす家を求めていた建て主。
今後を見据えた間取りが必要と考え、将来的には1階だけでも生活することができるよう配慮した。
2階には屋根の傾斜をいかした広々としたリビングダイニングを設け、くつろぎのスペースに。
テーブルから一番美しい景色が見られるよう計算した窓や、トップライトから明るい光が入る。
各部屋の引き戸を開けておけば、家中で風の流れを感じることもできる。

外観は重厚なRC造に木造の屋根を組み合わせ、室内でも木や石などの素材を組み合わせた。
場所によって様々な表情を見せる家で、おふたりの新しい暮らしが始まる。

もっと見る >

イヌもネコものびのび暮す、タテヨコに広がる家

南側外観

ご夫婦と小さなお子様、そして愛犬と愛猫が暮す家。 建て主が希望したのは「イヌとネコものびのびと暮せる、明るくスタイリッシュな家」。 そこでイヌとネコの行動を観察し、それぞれの行動範囲やパターンを生かした住まいを計画した。 玄関を入ると現れるのは開放感のあるLDK。 LDKは南北の大開口で外とつながる。 愛犬のロンはリビング脇の土間と中庭を自由に行き来して過ごしている。 イヌが平面で行動するのに対し、ネコは縦方向にも移動する。 そこで2階建ての家の個室群を建物北側に集約し、ネコのための「タテの家」とした。 キッチン脇から伸びる通路を抜けると、タテの方向に広がる階段室があり、2階の個室へと繋がる。 1階から2階へ至るまでキャットウォークを巡らせ、ネコが自由に上下階を行き来できるようになっている。 イヌとネコが互いに快適に過ごせる環境をつくっていくうちに、タテとヨコに広がるメリハリある空間が出来上がった。 人にとっても、イヌやネコにとっても居心地の良い家で、豊かな時間を過ごしている。

もっと見る >