HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



投稿記事

PickUp !

開放感とプライバシーを両立した光溢れる家

開放感とプライバシーを両立した光溢れる家

海にほど近い高台の住宅地に建つ家。

寝室や子供室といったプライベートな個室はブロックに見立て、光庭を個室のブロックで立体的に囲むように配置したプラン。
一方、リビングダイニングなどの共有スペースは、縦横につながる開放的な一体空間とした。

玄関ドアを開けて3段の階段を上るとまず現れるのは、柔らかな光が差し込む光庭。
その光庭に立つと、家のほぼ全貌を見渡すことができる。

光庭の先に見える和室の地窓からは、建物の外にある大谷石の塀まで視線が通る。
西側のFIX窓から見えるのはビルトインガレージの愛車。
リビングは光庭とひと続きになっており、リビングの一部は2階まで吹き抜けでつながっている。

光庭を中心に住まい全体がおおらかに繋がり、家のどこにいても家族の気配を感じる住まい。
開放的でありながらも家族個々の居場所があり、程よい距離感で繋がることができる。
開放感とプライバシーを両立した住まいを実現した。

もっと見る >

木造住宅の自由性を生かしたリノベーション

リビング

都心に建つ築30年の中古住宅をリノベーションした、建築家の自邸。 既存の建物は小ぶりな木造2階建てで、南側には小さな庭があった。 仕事場にもなる書斎や、さらに同居する母のためのスペースを確保しようとすると、家のボリュームが大きくなる事が考えられる。 近隣には民家が建ち並んでおり、隣家に圧迫感を与えないよう、ボリュームを抑えつつも広がりのある住まいを目指した。 そこで、柱や梁を切ったり繋いだりと自由に改築できるという木造住宅の特長を活かしたプランに。 既存の家の屋根から外壁までを、まるでりんごの皮を剥くように一部分切り取り、南側に細長い2階建ての棟を新設。 既存部の北側は2階建てのまま残し、南側は基礎から屋根裏まで吹き抜けの「室内庭」にした。 外から見ると、3つの小さな棟が並んでいるように見える。 3つの空間の間はガラスのスリットでつなぎ、光や視線が通るように。 室内庭は光や風を住まいにもたらすとともに、南側新設部にある母のスペースとの緩衝エリアとなっている。 家を‟切り離す”という木造住宅ならではのプランで、周囲の家並みに合わせつつ、住み手のライフスタイルに合った住まいが完成。 空間を小さく分けることによって、かえって広がりのある空間が実現した。

もっと見る >

miCo. 東京都   建築家