HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

  •  

都心で”大きな屋根の大空間”をもつ「離れ」

都内の多摩川沿い、高台にある敷地。
隣人の引越しによって購入した土地は、自身の家から続く庭づくりの計画だったが、ホームパーティーをすること、人を招くことの多い施主のライフスタイルから大きな庭を持つバーベキューハウスをつくるに至った。
建物は9坪の広さである「屋内」とほぼ同じくらいの大きさの「軒」をもつ。開口部の引き込み、大きなガラス戸を開けると、内と外がつながって庭の緑が内に入り込み、大空間が生まれる。
張り出した軒は風雨にさらされて傷んでくることを考慮して、国産の4角寸と3角寸のスギが用いられている。違う形の無垢な木材を組み合わせることで、天井に陰影をもたらしつつ素朴な重厚さが残されている。
大屋根は、建物の両端に配されたコンクリート壁を鉄骨でつなぎ、スチールの柱で軒を支える。
隣に建つ母屋を木のデッキでつなぎ、母屋と離れが連続している。このバーベキューハウスはホームパーティーを行う場としての最小限の機能にとどめられ、都心での慌ただしい暮らしの中、いつでも清々しい「離れ」に身をおくことができる。
非日常的空間を味わうことのできる「都市の別荘」としての役割を担う「離れ」である。

庭より外観をみる

庭より外観をみる

敷地に広がる西側の庭。
住まいの隣の敷地を購入し、人々が集まりバーベキューなどをして過ごす「離れ」をつくる。大きな庭はもともとあった松の木や緑を残した。屋根全面には太陽光パネルを設置。

デッキより東側を見る

デッキより東側を見る

デッキ西側から母屋を見る。
両端のコンクリート壁を繋ぐ木槧とスチール柱が、デッキの上に持ちだされた3,500mmの軒を支えている。室内だけではなく、軒の下にもキッチンを設けている。

デッキから建物を見る

デッキから建物を見る

屋外のデッキとダイニングはほぼ同じ高さで連続し、ほぼ同じ9坪の空間を持つ。高さを380mmあがった和室を設けている。
ダイニングの天井はスギの目透かし張りとなっており、デッキ部分は4寸角と3寸角の木材を組み合わせている。

外観

外観

母屋側から見る。
東側の擁壁。デッキによって母屋とバーベキューハウスをつないでいる。

敷地東側をみる

敷地東側をみる

東側の腰壁は、持ち上げた和室の高さと揃えられた。キッチンと一体となって、人々が囲うように集まる空間となっている。

キッチンから室内をみる

キッチンから室内をみる

和室の後ろの壁は木組となっている。右手の扉から水回りに繋がる仕組みとした。

  •  

ユーザー

SUWA architects + engineers
東京都 建築家

投稿記事カテゴリ
部屋カテゴリ

おすすめの投稿記事

  • 外観

    倉敷の古くて新しい和モダン住宅

  • 広げて仕切って暮らしやすく

    広げて仕切って暮らしやすく

  • リビング

    シンプルでコンパクトな都心の住まい

  • 大和郡山の家

    大きなLDKと回廊のある戸建てリノベーション

  • リビング

    デメリットを逆手に素材感のある上質なリノベーション

日本最大級のタイル通販 TileLife

HouseNoteStore