HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

芝生の屋根があるガレージハウスでクルマと暮す

芝生の屋根があるガレージハウスでクルマと暮す

ご夫婦揃ってクルマとバイクが趣味だという建て主。
大切な愛車を風雨や盗難から守ることができる、ビルトインガレージの家を建てようと決めていたという。

建て主の要望は、住空間とガレージをうまく構成すること。
そこで、普通のガレージよりさらに車を身近に感じられるよう、ガレージを住まいの中心であるリビングの隣に配置。
愛車を眺めながら食事をしたり寛いだりといった日々の生活を楽しむことができる住まいをつくった。

もうひとつの要望は、雑誌で見てインパクトがあったという芝生の屋根。
人工地盤を屋根に乗せ、そこに芝生を植えた。
草屋根は断熱性が高く、夏の炎天下でも快適に過ごせるとともに、自然が多く残る周囲に溶け込んでいる。

内装はあえて仕上げを省き、構造合板を表しプレーンな印象に。
寝室以外の床はコンクリートの土間仕様となっており、ガレージもLDKも、庭へと続くテラスも同様の仕上げ。
生活空間とガレージの境界も、内と外との境界も曖昧になっている。

大切な愛車を近くに感じながら暮らすことができる、快適な住まいが完成した。

もっと見る >

洞窟のようなお籠り空間で”お家カフェ”を

外観

将来は自宅でカフェを開くため準備中の建て主。 住んでいるうちに味わいを増す家を目指して、ヨーロッパアンティークをベースとした一軒家をつくった。 ”洞穴”をイメージし、開口部などにはやわらかな曲線を多用。 漆喰やエイジング加工を施したフローリング、実際に教会で使用されていたというアンティーク煉瓦など、温かみのある素材を使用し、丸みをおびたラインと相まってやさしく柔らかい印象となった。 建具や、窓の取っ手ひとつひとつにまでこだわり、自分たちだけのオリジナル空間を作り上げた。 夢である”お家カフェ”を開く日まで、愛着のある家で一歩ずつ準備を進めている。

もっと見る >

洋服を見て楽しむ”ショーウィンドウ”がある家

通路脇に設けたクローゼット

家づくりを考え始めた当初から、中古物件をリフォームしようと考えていたという建て主は、利便性と114㎡という広さが決め手となり、都心にほど近い中古マンションを購入。 ご夫婦と、奥様のお母様の3人が暮す住まいへとリノベーションした。 ファッションが大好きだというご夫婦の希望は、日々の暮らしの中でファッションを感じられる空間。 そこで、住まいの中央に位置する玄関からリビングまでの通路に、洋服や小物をディスプレイしながら収納できるショーウィンドウのようなクローゼットをつくった。 毎日通る通路に”見せるクローゼット空間”を配置したことで、生活のなかに自然とファッションが溶け込んでいる。 内装は、コンクリート躯体むき出しの天井やモルタルの床や壁などで辛口に仕上げ。 シックでクールな空間に引き立てられ、随所に飾られたこだわりの洋服や雑貨の魅力も浮かびあがる。 大好きな洋服が主役の住まいは、洗練されたセレクトショップのよう。 建て主の趣味とライフスタイルを存分に反映した、日々の暮らしを楽しむための住まいが完成した。

もっと見る >

回遊できる便利で開放的な住まい

リビング

築28年のマンションを一人暮らし用により快適に暮らせるようにリノベーション。 収納を中心にぐるりと回遊できるように間取りを変更。 限られたスペースを生かし、回遊することによって光や風が通り抜ける心地よい空間に。 素材感を大切にしたいと施主様のご希望で、床は無垢フローリングを使用し、コンクリートの躯体、ガラスブロックなどシンプルでナチュラルな空間を作り出している。 限られたスペースをより実用的で開放感あふれる住まいへと生まれ変わった。

もっと見る >

株式会社スタイル工房 東京都   リフォーム・リノベーション

大切な人への思いが詰まった居心地のいい空間

玄関ポーチ

「大好きな伯母の思い出を引き継いで暮らしていきたい」というご夫婦。 思い出を残しながら、住みやすい家にするには建て替えではなく、リノベーションが最善という選択に。 使っていた建具やガラス、家具などを再利用し、無垢のフローリングや漆喰の壁、モザイクタイルなど自然素材をふんだんに使って昭和レトロな雰囲気を再現。 ご夫婦の伯母様への思いが詰まったどこか懐かしくもあり、暮し続けるほど愛着が増していく住まいへと生まれ変わった。

もっと見る >

株式会社アネストワン 愛知県   リフォーム・リノベーション

2つの庭に囲まれ、季節の移ろいを感じる暮らし

リビング

東側の道路以外の三方向を住宅に囲まれた敷地に建つ家。 プライバシーを確保しつつも、いかに光と風を取り込むかが課題となった。 このような場合、敷地を北側に寄せて南側に庭を配置するプランがほとんどだが、この敷地で南側に庭を取ると、居室によって採光と風通しに偏りが出てしまう。 そこで、どの居室も居心地の良い場所にするために敷地内に東西に伸びる庭を2つ配置し、建物を北棟と南棟に分けるプランを採用。 北棟の床は南棟より半階分上げスキップフロアにすることで、北棟の1階まで南側から取り入れた光が届き、家中が明るく風通しの良い住まいとなった。 ウォールナットや杉板など素材使いにこだわったシンプルモダンなリビングは、2つの庭の緑に囲まれた心地良い空間。 リビング南側の芝生の庭は、子供が遊んだり大勢が集まってバーベキューをする、家族のための”遊び場”。 北棟とリビングの間に設けた中庭は、美しい植樹を望む”観賞用”の庭として、それぞれ異なる役割を持たせた。 光と風に満ち、緑に囲まれた空間で、季節の移ろいを感じながら豊かな時間を過ごしている。

もっと見る >

古くも新しい、クールでレトロな店舗兼住宅

カフェ

陶芸教室を主宰する建て主。 「いつか自分の器でコーヒーやお菓子を出す店を開きたい」そんな夢を叶えるべく、建て主のおじいさまの代から住み継がれてきた築80年の家を建て替えることに。 陶芸教室とカフェを併設した、店舗兼住宅に生まれ変わった。 80年間ずっと大切に住まれてきた家の良さを活かすことが、建て主の要望。 そこで、丸窓や鍵のついた引き戸、柄ガラスなど既存のレトロな建具を修復し、色を塗り直すなどして再利用した。 クールな雰囲気に一新された空間にもしっくりと馴染み、味わいを与えている。 古いものが持つ温もりは、建て主が手掛けた器やハンドメイドの雑貨ともマッチ。 「まったりと落ち着くことができるカフェ」と、お客様からも評判なのだそう。 80年の歴史が作り出した魅力や味わいが、建て主のライフスタイルと好みに合わせた新しい家に活かされ、懐かしくも新しい、独特の魅力をもった住まいとなった。

もっと見る >

ほっこりと懐かしい、北欧×レトロの優しい空間

リビング1

築28年のマンションを、新しくも懐かしい感じのする、建て主らしい空間へとリノベーションした。 小学校の床をイメージした市松張りのパーケットフローリングや配管を露出した天井、窓の内側にしつらえた木製の内窓が、どこかレトロで優しい雰囲気に。 キッチンの腰壁や、窓辺に設けたカウンターにはモザイクタイルをあしらい、空間にぬくもりを与えている。 当初はスウェーデンの古い部屋をイメージしていたという建て主。 好きなものを集めているうちに、北欧などのデザイナーズ家具や昭和レトロな家具、雑貨などが揃い、それらがうまく空間にマッチしたミックススタイルのインテリアになったのだそう。 北欧モダンと昭和レトロが優しく調和した、”ほっこり”とやすらげる住まいとなった。

もっと見る >

株式会社アネストワン 愛知県   リフォーム・リノベーション

親子で楽しむナチュラルモダンな家

親子で楽しむナチュラルモダンな家

築浅で外観も可愛いらしい戸建で 2階にも3室あるのですが、今回は1階をメインにしたご依頼でした。 施主様のご希望はナチュラルモダン。 木の雰囲気をふんだんに使い、優しく心地よい空間で家族で揃って勉強できるようにしてほしいというご依頼でした。 優しい雰囲気の施主様ご一家にマッチしたおうちになりました。

もっと見る >

株式会社フォーラス&カンパニー 大阪府   リフォーム・リノベーション

大人が集う「隠れ家バル」

大人が集う「隠れ家バル」

築31年の古いマンションを、「カウリノ」のデザインを参考にして、カッコイイ部屋に生まれ変わらせました。 このマンションには構造上壊せない壁が多く天井も低かったのですが、 逆にその閉塞感を「隠れ家風」と捉えてステージングを施した結果、 大人たちが集まって美味しいものを食べたり飲んだりしながらワイワイと楽しめる 自由でオシャレな空間となりました。 狭くても寛げる、そんなお部屋です。

もっと見る >

株式会社フォーラス&カンパニー 大阪府   リフォーム・リノベーション

海を眺める別荘で過ごす贅沢な週末

海を望むリビング

広島県の尾道水道沿い、125坪の敷地に建つ、ウィークエンドハウス。 穏やかな瀬戸内海の景色を望み、夏には水上花火を間近に眺めることができる、絶好のロケーション。 普段は尾道市内に住んでいる建て主だが、友人たちと海を見ながら休日を過ごしたいと、この土地に別荘を構えた。 船の航行が多い尾道水道。 美しい海の眺望を獲得しつつも、どのように外からの視線を遮るかが課題となった。 そこで、海に対して平行ではなく、軸を約60度ずらして建物を配置。 海を行き交う船からの視線が直接入ることなく、水道のカーブに合わせて視界が導かれ、どこまでも海が続くかのような奥行ある眺望を得ることができた。 建物は4つの細長い箱を連立させた構成となっている。 それぞれの箱にLDK、エントランスホール、ゲストルーム、バスルームと異なる性質を持たせ、それぞれの海側にはテラスを配した。 幅や奥行は箱の用途に応じて決定。 屋根の勾配も箱ごとに変化をつけ、場所によって違った眺めを楽しむことができる。 海に臨む土地の魅力を最大限に引き出した住まいとなった。

もっと見る >