HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

  •  

若ヶ谷の家・竣工後11年の写真

若ヶ谷の家は2003年に竣工し、11年目になる2014年に、再度撮影を行いました。
時を経ても、タイムレスに美しくあり続ける様子を記録したいと、考えました。

敷地の4面のうち2面は道路、1面は用水路を隔てた隣地に接している為、直接の隣地は西面
のみです。それぞれ銀行、郵便局、住宅、集合住宅が建ち、2~3階建ての低層の建物に
囲まれています。

元々この敷地が開けた場所であった為、道路の交差する角は、以前の見通しを確保できるよう
5.5m×9.0mのオープンスペースとしています。

建物は日本の風土の特性を生かした計画です。東西に長く配置しています。また、庇の深さを
1.1mとし、通風と直射光に配慮しています。

熱環境ではパッシブシステムを組み込んでいます。屋根面から集熱した空気をダクトで引き、
夏は排気し、冬は暖気として使います。
システムへ供給される電源は太陽光発電を使い、環境負荷の低減を実現しています。

使用している材料は、木、石、珪藻土など無垢の材料を極力用いています。
時の経過とともに美しく変化する様、デザインしました。

南の庭

南の庭

庭の樹木も成長し、落ち着いた外部空間となっています。

東面外観

東面外観

敷地の端から端まで、建物を貫くコンクリート打ち放し壁が有ります。住宅部分とアトリエ(仕事のスペース)を象徴的に分割しています。

南の庭からリビングを見た所

南の庭からリビングを見た所

リビングから南の庭へ、深い庇とデッキでつながります。

玄関

玄関

玄関には、トップサイドライトから安定した光が落ちてきます。

居間から北の庭へ

居間から北の庭へ

居間から北の庭へは、床を1段下げ、土間の床とすることで空間を繋いでいます。北の庭と南の庭は赴きが異なります。

アトリエ

アトリエ

アトリエ(仕事のスペース)には、外部から連続するコンクリート打ち放しの壁がそのまま見え、象徴的に空間を分けています。

和室

和室

外部から連続するコンクリート打ち放しの壁がそのまま内壁に使っています。

洗面と浴室

洗面と浴室

洗面台、浴室とのパーティションは透明のガラスです。空間に広がりを感じます。浴室にも小さな庭が有ります。塀で囲まれている為、プライバシーが守られた外部空間です。

玄関へのアプローチ

玄関へのアプローチ

アプローチに沿って水盤が有ります。敷地内の井戸の水を利用しています。

外観全景

外観全景

軒が深く、屋根の勾配も緩い為、薄い屋根が軽く載った印象の外観です。

  •  

ユーザー

川添純一郎建築設計事務所
兵庫県 建築家

投稿記事カテゴリ
部屋カテゴリ

このユーザーの投稿記事

  • cube×CUBE 東の外観

    cube×CUBE

  • LDK

    planar house

  • 外観

    ba boxes

  • 生駒の家・中庭

    生駒の家

  • ダイニング・キッチン

    夢前町の家

おすすめの投稿記事

  • 大和郡山の家

    大きなLDKと回廊のある戸建てリノベーション

  • リビング

    デメリットを逆手に素材感のある上質なリノベーション

  • 家族みんなが楽しい家

    家族みんなが楽しい家

  • リビング

    シンプルでコンパクトな都心の住まい

  • 大人が集う「隠れ家バル」

    大人が集う「隠れ家バル」

日本最大級のタイル通販 TileLife

HouseNoteStore