HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

カテゴリで絞る

部屋で絞る

キーワードで絞る

ユーザーで絞る



HouseNoteStore

投稿記事

PickUp !

土間・縁側で包む町家リノベーション

土間・縁側で包む町家リノベーション

奈良市にある大正時代に建てられた住宅のリノベーション。建物は主に借家として用いられ、何度かの増改築を経て空き家になり放置されていました。雨漏りや蟻害によって柱・梁や土壁が深刻な被害を受けており、庭に増築された水廻りと伸び放題の樹木によって鬱蒼とした状況でした。建替えも検討しましたが、3面道路後退の影響で同規模の建物が建たないことや、お施主様が町屋に住みたいという強いご希望をお持ちだったことからリノベーションを選択しました。しかし土壁を耐震補強し伝統構法で修復するためには新築を超える時間や費用が必要です。また家全体を断熱補強・高気密化すると屋内と屋外が緩やかに繋がった町屋らしい雰囲気も壊れてしまいます。そのためコンパクトな居間を家の中心に据えて現代的な工法で耐震補強・断熱補強を行ない、その周りを玄関・収納・ガレージ・縁側・トイレ・書庫・階段から成る半屋外の「透き間」で囲んだ入れ子状の間取りとすることで、コストを押さえつつ、屋内・半屋内・屋外の3つの領域が重なり響きあうような、町家の雰囲気を引き継いだ住まいを設計しました。

もっと見る >

大人が集う「隠れ家バル」

大人が集う「隠れ家バル」

築31年の古いマンションを、「カウリノ」のデザインを参考にして、カッコイイ部屋に生まれ変わらせました。 このマンションには構造上壊せない壁が多く天井も低かったのですが、 逆にその閉塞感を「隠れ家風」と捉えてステージングを施した結果、 大人たちが集まって美味しいものを食べたり飲んだりしながらワイワイと楽しめる 自由でオシャレな空間となりました。 狭くても寛げる、そんなお部屋です。

もっと見る >

シンプルな間取りのアメリカンレトロな家

リビング

ご夫婦それぞれの実家からほど近い築35年の売家がみつかった。 子育てのしやすい環境にも惹かれ、立地条件は良かったこと、そして敷地面積が広かったことが購入の決め手となった。 海外生活経験のあるご主人は、米軍ハウスのように、広いリビングを中心として家族が集まりくつろぐというスタイルが理想。 間仕切りのないリビングに、こだわりの内装は、アメリカンビィンテージを実現。 アメリカの「ベンジャミン・ムーア」の塗料を使い、暗色カラーをペイントした。 今はシンプルな平屋だが、子供の成長など、将来的なライフスタイルにあわせ、間取りを変え増築も可能な広い庭付きの家が実現した。 将来的には、敷地内でフリーマーケットやマルシェを開くのがご夫婦の夢。

もっと見る >

ASTER 熊本県   リフォーム・リノベーション

アンティークに囲まれたアトリエで暮らす

外観

布を細かく裂いて織り上げる「裂織」という織物を使って一点物のバッグを制作している奥様。 東日本大震災で家を失い公団で暮らしていたが、バッグ作家である奥様が作業するには何かと不便なことが・・・ 「アトリエが欲しい」そんな思いをきっかけに、家づくりをはじめることになった。 アトリエとして来客を迎えるため、1階部分は全てパブリックスペースとして考え、プライベート感を排除。 訪れた人が土足で行き来できるよう、1階アトリエスペースとその奥のダイニングキッチンは全てコンクリート敷きの土間とした。 2階はリビングと寝室、水回りを配したプライベート空間。 土間仕様の1階とは異なり、ヘリンボーンのフローリングで落ち着いた雰囲気に。 オンとオフのメリハリのある生活を楽しんでいる。 旅行はたいていアンティークショップ巡りというほど、古い物が好きな建て主ご夫婦。 コンクリートや古材、スチールといった素材で構成された空間は古いファクトリーのようで、手持ちの古い家具や雑貨がよく映える。 大好きな物に囲まれて、手仕事に励む日々を過ごしている。

もっと見る >

上大野の家

リビング

敷地の周辺は住宅などに囲まれています。また、十分な広さの庭や、隣地からの距離の確保が難しい条件でした。その為、窓はプライバシーを確保し、光と風を取り込む事が出来るよう配置しています。 外形は、切妻のシンプルな形状です。内部はワンルーム空間です。其処に、コアとなるボックスを2 つ、配置しています。コアの中には、キッチン、浴室、洗面、寝室、子供部屋などがあります。そのコアの隙間にリビングと階段を配置し、変化のある空間を創り出しています。 data ・所在地:兵庫県姫路市 ・用途:住宅 ・設計、監理期間:2013年10月~2014年8月 ・規模、構造: ①延べ面積:103.53㎡ ②木造2階建て ・担当:川添純一郎建築設計事務所 植村 卓也 ・構造設計:ルート構造設計事務所 ・設備設計:サンキエンジニアリングサービス㈱ ・施工:㈱ハウスインフォ

もっと見る >