HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

HouseNoteへのご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

返信の必要なお問い合わせはこちら

HouseNoteStore

HEARTH ARCHITECTS

この企業に問い合わせ

住所:
滋賀県 甲賀市水口町松栄2-4
会社URL:
http://hearth-a.com
ブログ:
http://hearth-a.com/blog/
FAX:
0748-60-9671

久我 義孝

滋賀県

建築家

電話:0748-60-7410

「時をつむぐ、豊かな住まい」を目指して・・・

1. 住まいに“豊かな余白”を。
私は「人や自然に寄り添い日常に馴染むシンプルな空間」こそ、豊かな住まいだと考えます。その為に機能性を確保しつつも余分なモノはなくし、「豊かな余白」を造ることがとても大切です。動線や間取りはシンプルにし、空間を断面的に考え、外観は虚飾のない凛とした佇まいに。敷地や空間に生まれた余白は、自然溢れる奥深い空間を生み出し、私達に多様な豊かさと質を与えてくれます。

2. 日常に“五感で感じる変化”を。
人は自然の移ろいや光と影など「変化するモノ」に心動かされ、年月を重ねる程「味わいを増すモノ」に心惹かれます。日常の中で、ふと空を見上げたくなったり、モノに触れたくなったり、そこにとどまりたくなるような。そんな「はっ」とする日常の心の変化をデザインすることは出来ないか・・・私は建築的操作で何気ない日常の中に「五感で感じる豊かな変化」を造り出し、年月の経過と共に味わいを増す魅力的な住まいを造りたいと考えます。

3. 空間に“多様な繋がりと奥行”を。
建築の設計とは境界を考える行為です。その為空間同士の「繋がりや境界の奥行」を考えることがとても大切です。例えば、縁側や軒下、通り土間に坪庭など、日本の住まいは昔から内と外との境界に多様な半屋外空間(中間領域)があり、格子や障子など多様な空間の仕切り方が存在しました。そんな日本の風土に適した中間領域や仕切り方は、空間に「多様な繋がりや奥行感」を与え、暮らしに豊かさを与えてくれます。和の伝統から多くのことを学び、敷地環境や住まう人との語らいの中から、現代に再構築した豊かな空間を考えてみたいと思います。

湖南の家

10
photo

水口の家

10
photo

蓮華寺の家

10
photo

彦根の家

10
photo

木津川の家

10
photo

野洲の家

10
photo

生駒の家

8
photo

虫生野の家

8
photo

近江八幡の家

8
photo

甲賀の家

8
photo

彦根の家

1
photo

松栄の家

12
photo

古城ヶ丘の家

12
photo

京町の家

12
photo