HouseNote

新規ユーザー登録

ログイン

すでにユーザーの方はこちら

ID
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちら


無料!ユーザー登録がお済ではない方はこちら

写真を投稿する

詳しく設定したり、まとめて投稿したい方はコチラ
写真を選ぶ必須
部屋必須
説明必須
Noteを選択必須

SNSへ投稿
※マイページでSNSと連携すると、同時投稿が出来ます

HouseNoteへのご意見をお聞かせください。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

返信の必要なお問い合わせはこちら

HouseNoteStore

KAZ建築研究室

この企業に問い合わせ

住所:
群馬県 館林市堀工町963-5
会社URL:
http://kaz-archi.com/
ブログ:
http://kaz-aa.cocolog-nifty.com/
FAX:
0276-72-1705

小磯 一雄

群馬県

建築家

電話:0276-75-1701

大震災以降「家庭内のコミュニティ」や「地域のコミュニティ」が重要視されていますが、これは今までのそれらに対する意識がどれだけ希薄だったかということを表しています。「家」は唯一家族が顔を合わせる場ですから「家族を感じる」という要素が大切だと思います。利便性やプライバシーを重視するだけでなく、自然・家族の気配・料理の匂いなどが感じられるような開放性も重要ではないでしょうか。
また、職人技を発揮する場が少ない中で少しでも多くその技を活かせるような家づくりを考えています。綺麗な木組みや木の温もりを大切にしています。
そして何よりも「気持ちよくくつろげる空間」であること。これによって家族を包み込むものが「家」だと考えます。
せっかくつくる家なのだから「楽しく住まなきゃもったいない!」。大人も子供もワクワクするような空間を常に考え提案しています。
設計をする時は、建て主との打ち合わせ内容を踏まえて自分が住み手になり代わって想像を巡らします。
「ここから月や星が見えたら気持ちいいだろうなぁ!」とか
「ここからも子供たちの気配を感じられたらいいだろうなぁ!」などなど。
そんなふうに考えながら提案しています。

UC house

12
photo

mm box

12
photo

K HOUSE

10
photo

Beetle House|ガレージのある家

12
photo

吾妻川の家(二世帯住宅)

10
photo

那須の週末住宅(別荘)

10
photo

籠原の家(リノベーション)

11
photo

A house

8
photo

W HOUSE

10
photo

Sumire house (リノベーション)

10
photo

mat house

18
photo

BEAT HOUSE

12
photo